よく聞く「肝斑」って何のこと?

美白化粧品-肝斑とは?

女性ホルモンの乱れが原因と考えられるシミに、肝斑(かんぱん)と言うシミがあります。このシミは、日本人などのアジア人に多く見られ、年代では30代から40代にかけての女性にできやすく、目の下から頬骨あたりに大きく拡がってできます。
美白化粧品~シミのできやすい部位を見つける方法~

多くの場合は左右対称にできるようです。鼻の下や額にできることもあります。色は薄い茶色のシミで、この広範囲に拡がったシミの形状が、まるで肝臓のように見えることから、肝斑と呼ばれるようになったと言われています。

原因の一つとしては、紫外線を浴びてメラニンの色素沈着が起きてしまう事ですが、このシミができる要因は、女性ホルモンの影響によるものが大きいようです。女性ホルモンの乱れによって起こり、妊娠中や更年期などに多く見られます。ピルを服用している時もできやすいようです。

女性ホルモンの変化が起きやすい30代から40代にかけての女性にできやすく、ストレスとも関連があると考えられています。肌をゴシゴシ洗って刺激することも影響するようです。

このシミの色は薄くなったり、濃くなったり、季節や生理周期によっても変わることがあります。できやすいところは、頬骨や下あご、鼻の下や額などで、ほとんどの場合、左右対称にできます。境目のはっきりしない、でこぼこのないなだらかなシミで、広く地図のように広範囲にできるのが特徴です。

肝斑の一番の原因は女性ホルモンの乱れによるものです。肝斑を予防するためには、ホルモンバランスを整えることが大切です。生活リズムを整え、正しい食生活を送るようにしましょう。また、ストレスをためないように気をつけたいものです。

紫外線対策もしっかりとするようにして、日焼け止めを使ったり、外出時には帽子や日傘で紫外線を浴びないように気をつけましょう。

皮膚を刺激するのも良くありませんから、ゴシゴシ洗顔は禁物です。洗顔は優しく行いましょう。また、なるべく手で顔をさわらないように注意しましょう。

炎症性色素沈着とは?

一般的なシミのように紫外線が原因でできるシミではなく、傷やニキビなどによって皮膚が炎症を起こしてしまい、そのあとが茶色いシミとして残ってしまったものを炎症性色素沈着と言います。

肌が大変な炎症を起こしてしまったことによるもので、その要因としては、ニキビや虫さされ、アトピー性皮膚炎や化粧かぶれ、傷あと、やけどなどがあるようです。炎症によって皮膚が刺激を受け、そのため活性酸素が発生してしまい、それによってメラニン色素が作り出されてしまったと考えられています。

メラニンの色素がシミとなってしまうのです。このシミは非常に強い刺激によって短時間で炎症を引き起こしたことによるシミで、強力な紫外線を浴びることによって炎症を起こしてできたシミと同様です。

では、炎症性色素沈着はどのような場所にできやすいのでしょう。ニキビが炎症を起こすことでできた場合は、ニキビのできやすい場所、顔や背中、胸などにできやすいと言えるでしょう。ニキビあとの赤みを帯びた色から、徐々に変化して茶色くなり、時間が経つと次第に濃い色になって行きます。

アトピー性皮膚炎が要因となっているケースでは、ひざやひじの裏に多く見られます。また、傷が要因となっている場合には、どこにでもできると考えられます。

炎症性色素沈着は、一般のシミとは違い、紫外線によって引き起こされるわけではありませんが、できてしまったシミは紫外線を浴びることで、どんどん色が濃くなっていきますので気をつけるようにして下さい。

日焼けによって悪化することも考えられますので、紫外線対策はしっかりと、日焼け止めクリームなどをしっかりと塗り、帽子や長袖を着用するなど日ごろから気をつけましょう。

炎症性色素沈着によるシミは、消えないものもありますが、時間の経過とともに段々と薄くなって、やがて消えてしまうものもあります。しかし、どちらのタイプのシミなのかを判別することはできませんから、早めに美白ケアを行うことをお勧めします。新陳代謝を活性化させることも有効ですから、規則正しい生活を送るようにしましょう。861

・美白化粧品-雀卵斑とは?